浅野総合法律事務所:お問い合わせ

会社・上司・役員の悪口、誹謗中傷をネットに書き込み、懲戒解雇となったケース

会社への不満をネットに書込み誹謗中傷したケース

会社への不満、上司、役員、社長の悪口などをネット上の掲示板に書き込み、会社の評判を下げたという理由で懲戒解雇となった場合、懲戒解雇は有効でしょうか。争うことができるのでしょうか。

懲戒解雇は、解雇権濫用法理の制限を受けるため、客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当でなければ、無効となります。

今回のケースで、懲戒解雇の有効性を判断するにあたっては、次の事情を総合的に検討する必要があります。

・ 誹謗中傷の内容
・ 誹謗中傷や悪口の書込みの頻度
・ 書込みの内容が真実であるか
・ 書込みによる会社への影響の大小
・ 誹謗中傷の書込みを行った動機
・ 誹謗中傷行為の悪質さ

また、懲戒解雇とする場合には、就業規則に懲戒理由の記載があることが必要ですが、会社の名誉、信用を傷つける行為は、就業規則において懲戒理由として記載されていることが一般的です。



業務時間外に行われた行為に対する懲戒解雇

次に、会社への誹謗中傷行為が、業務時間外、すなわち、私生活において行われた場合に、この従業員の行為に対する懲戒解雇が有効であるかが問題となります。

原則として、会社が労働契約、就業規則によって従業員を規律することができるのは、業務時間内のみであると考えます。懲戒解雇をはじめとした懲戒処分は、企業秩序を侵害する従業員の行為に対して行われる処分であって、企業秩序を侵害する行為は、業務時間内に行われる行為が中心です。

しかしながら、業務時間外、すなわち、私生活においても、企業秩序を侵害する行為を行うことができ、その限りでは、業務時間外の行為であっても懲戒処分の対象となり得ます。

・ まず、職場外で行われたとしても、業務に直接関連する行為であれば、懲戒解雇の対象となります。
  たとえば、取引先に営業に行った際に行った発言や行為、仕事の後に行われた歓送迎会で行われたセクハラなどは、会社内で行われた行為ではないですが、業務に関連する行為であるため、懲戒処分の対象となります。

・ 次に、会社の名誉、信用に悪影響をもたらす発言、行為は、業務に直接関連する行為でなくても、懲戒処分の対象となります。

  今回の会社、役員、社長に対する誹謗中傷、悪口といった行為は、業務に関連する行為ではありませんが、会社の名誉、信用に悪影響をもたらす行為として懲戒処分の対象となる可能性が高いといえます。



懲戒処分だけでなく損害賠償のリスクもある

会社の名誉、信用を棄損した場合、懲戒解雇の対象となる可能性があることは既に解説した通りですが、これに加え、その誹謗中傷行為によって会社が損害を負った場合には、損害賠償請求を受ける危険もあります。

たとえば、会社の名誉を棄損する書込みをネット上で行ったことにより、それを見た取引先が、その内容を信じて会社との継続的な取引を打ち切ったという場合です。



ネット上の書込みに匿名性はない

ネット上の書込みをハンドルネームで行う場合、自分の氏名が表示されないことから、匿名であると勘違いしやすいものです。

しかしながら、IPアドレスをたどるといった方法によって、最終的には誰が書き込んだかを特定できるケースもあります。会社が弁護士に依頼してIPアドレスの開示請求などを行い、責任追及をされるおそれがあるため、匿名であっても不用意な書込みは禁物です。



従業員は、会社に対して秘密保持義務を負っている

従業員は、会社の秘密を保持する義務を負っています。

この秘密保持義務は、雇用契約の期間中は、雇用契約に付随する義務として、雇用契約書や就業規則に記載していなかったとしても当然負うものです。

したがって、会社の従業員であるために知り得た情報を、正当な理由なく外部に口外した場合には、会社からその責任追及を受けることとなります。



上司・部下の立場を問わず、人格攻撃はパワハラとなる可能性

「パワハラ」というと、上司から部下に対して行われるケースが一般的です。

しかし、パワハラは、必ずしも上司から部下に対して行われるものに限らず、同僚同士や、部下から上司に対して行われるものも含みます。

したがって、部下から上司に対するものであっても、人格否定的な誹謗中傷、悪口は、パワハラに該当するおそれがあります。

Pocket

お問い合わせContact

お問合わせフォームにご相談内容をご記入の上,お申込みください。
後日,弁護士よりご連絡差し上げます。
※ご入力いただいた個人情報は,お問合せに対応する目的の範囲内でのみ利用いたします。
※電話,メール,お問合せフォームによる相談は受け付けておりませんので,ご了承ください。

相談者氏名(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
住所
ご希望の連絡手段
ご希望の連絡時間
お問合せ内容