浅野総合法律事務所:お問い合わせ

交通事故の慰謝料を専門とする弁護士に依頼する理由

交通事故にかかわる複雑な手続きを一任できる

交通事故の被害者になってしまった場合、思いのほか多くの書類を作成し、手続きを行わなければなりません。

「揉めた場合には弁護士にお願いするけど・・・。」という意見をよく聞きますが、揉めなくても、示談金を受け取るまでには、保険会社との間で書類の作成を行わなければなりません。

交通事故の慰謝料を専門とする弁護士は、あなたに代わってこれらの面倒な書類作成、手続きを代行して行うことができます。

また、交通事故では、事実関係の争い、事故態様の認識の違い、過失割合の争い、治療の必要性に関する争い、治療費支払いを継続するかどうかの争い、後遺障害等級の適切な取得、適切妥当な損害の算出など、多くの難しい問題が山積みです。

弁護士に依頼をすれば、交通事故を取り扱う弁護士であればこれらの問題の経験が豊富ですから、すべて一任することができます。



交通事故の慰謝料の増額が期待できる

交通事故の示談交渉をする場合、加害者側を代理するのは保険会社です。

これに対して、被害者であるあなた自身が交渉するのでは、交通事故を多く処理している保険会社の担当者との交渉は、不利な方向に行きがちです。特に、保険会社から提示される示談金の額は、訴訟で獲得できる金額よりも相当程度低額であることが一般的ですが、これを知らずに承諾してしまえば、後に追加で請求することは困難です。

弁護士に依頼することによって、法律、裁判例、判例を基礎とした、訴訟となったら獲得できるであろう適切な損害の金額を算出した上で、保険会社との交渉を対等な立場で行うことが可能となります。



後遺障害等級を取得しやすくなる

弁護士は、後遺障害等級を申請し、等級認定を獲得してから後遺障害慰謝料の請求のために依頼するもの、と考えている方が多くおられます。

しかしながら、たとえばむち打ち症状の場合に、等級認定が14級となる場合と12級となる場合がありますが、その差額は、慰謝料だけでも相当な額になり、その上、逸失利益の金額も大きく変わってきます。

交通事故の慰謝料を取り扱う弁護士は、過去の後遺障害等級認定を取得した豊富な経験から、等級認定を受けやすいような治療方針、医証の取得に関するアドバイスを行うことによって、後遺障害等級の申請より前からお力になることができます。



心理的負担、ストレスが経験され、味方ができる

交通事故の被害者となると、治療、後遺障害を理由とした心理的負担が非常に大きいのはもちろんですが、その他の諸手続きにも大きなストレスを感じます。

特に、加害者側の保険会社の中には、高圧的、威圧的な態度で交渉を迫ったり、治療の早期切り上げを要求する方も、残念ながらおられます。



費用はあまりかからない(もしくは、無料!)

交通事故に関する交渉、訴訟を弁護士に依頼する場合、弁護士費用が高額なのではないか・・・という心配は無用です。

あなたの車両の損害保険に、弁護士費用特約が付加されている場合には、弁護士費用は、一定の上限(300万円もしくはタイムチャージで60万円までとされることが一般的です。)までは、保険会社が弁護士費用を負担してくれます。

この弁護士費用特約は、保険会社のサービスにもよりますが、同居の親族の保険であっても使用することが可能な場合もあります。あなたに適用される弁護士保険特約があるかどうか、疑問な場合には、当事務所までお問合せください。

Pocket

お問い合わせContact

お問合わせフォームにご相談内容をご記入の上,お申込みください。
後日,弁護士よりご連絡差し上げます。
※ご入力いただいた個人情報は,お問合せに対応する目的の範囲内でのみ利用いたします。
※電話,メール,お問合せフォームによる相談は受け付けておりませんので,ご了承ください。

相談者氏名(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
住所
ご希望の連絡手段
ご希望の連絡時間
お問合せ内容