浅野総合法律事務所:お問い合わせ

最低賃金が変更されました!最低賃金を満たしているか、就業規則・賃金規程をチェックしてください。

最低賃金のルール

平成28年10月より、各都道府県の最低賃金が改訂されました。

最低賃金の改定は、毎年行われますが、年々最低賃金は増額されています。

そのため、最低賃金ぎりぎりの給与で雇用している従業員がいる場合には、給与額の見直しが必要となります。

最低賃金は、どのような業種であっても、すべての会社に強制的に適用されます。

労働者との間で、最低賃金を下回る給与を合意していたとしても、その合意は無効となり、最低賃金を上回る基準の給与を支払わなければならないという強制的なルールです。

万が一、最低賃金を下回る給与しか支払っていなかった場合、労働者が会社に対して最低賃金分の給与支払いを要求する場合には、その差額を支払わなければならず、会社の潜在的なリスクとなります。

最低賃金のルール

最低賃金のチェックの仕方は、それぞれの労働者がどのような方式で給与の支払を受けているかによって異なります。

時間給制の最低賃金のケース

最低賃金は時間給で定められていますから、労働者に対して時間給で給与を支払っている場合には、その時間給と最低賃金の金額とを比較すればよく、容易にチェックが可能です。

支払っている時間給が最低賃金を下回る場合には、その差額を支給する必要があります。

日給制の最低賃金のケース

日給制で給与を支払っている場合には、支払っている日給を、1日の平均所定労働時間で割って、平均時給を算出することが必要となります。

平均時給が最低賃金を下回っていないかどうかをチェックし、下回っている場合には、その差額を支給する必要があります。

月給制の最低賃金のケース

月給制で給与を支払っている場合には、1か月の平均所定労働時間を算出し、月給を平均所定労働時間で割ることによって、平均時給を算出します。

この平均時給が、最低賃金の金額を上回っている場合には、最低賃金法違反は生じません。

なお、1か月の平均所定労働時間は、1年の所定労働時間の合計を、年間の総労働時間を12分割した時間で割ることによって計算します。

最低賃金の今後の動向

最低賃金は、年々上昇しています。

このまま、1000円程度の最低賃金までは、上昇する可能性もありますから、動向を毎年注視しておいてください。

特に、都市部においては、最低賃金の増額幅が大きい傾向にあります。

万が一最低賃金を下回る給与しか支払っていない場合には、施行日までに昇給することを検討する必要があります。

Pocket

お問い合わせContact

お問合わせフォームにご相談内容をご記入の上,お申込みください。
後日,弁護士よりご連絡差し上げます。
※ご入力いただいた個人情報は,お問合せに対応する目的の範囲内でのみ利用いたします。
※電話,メール,お問合せフォームによる相談は受け付けておりませんので,ご了承ください。

相談者氏名(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
住所
ご希望の連絡手段
ご希望の連絡時間
お問合せ内容