浅野総合法律事務所:お問い合わせ

債権回収で回収可能な4つの強制執行の方法

債権回収における強制執行

債権回収をする場合、その方法には、任意の話し合いをする方法から訴訟をする方法まで様々な方法があります。

しかしながら、いずれの方法であっても、最終的に債権が回収可能かどうかは、債権を回収する相手が、回収できるだけの財産を有しているかどうかが重要となってきます。

財産が全くない相手から債権を回収することは非常に困難ですので、どのような財産があれば強制執行が可能であるのかを、債権回収をご依頼頂く前にチェックして頂く必要があります。



不動産強制競売

まず、最も回収しやすい財産が、不動産です。財産調査の結果、債権回収の相手が不動産を所有していることがわかった場合、不動産の強制競売を行うことによって、債権を強制的に回収することが可能となります。

ただし、不動産に他の抵当権がついていないかどうか、不動産の余剰価値がどの程度か、住宅ローンが返済されているか、第三者に所有権を移転されるおそれがないかといった点に注意して進めましょう。



給与差押え

次に、給与の差押えが考えられます。

債権回収の相手方となる者が個人であって、会社に雇用されている場合には、日々の生活を立ち行かせるために、労働をし、給与を得ている場合があります。

このような場合には、給与を差し押さえることによって、債権を強制的に回収することが可能となります。

特に、債権回収の相手方が、比較的大手の企業に勤めているなど、長期にわたって継続的に給与を得られる可能性が高い場合には、非常に有効に債権を回収できます。

給与差押えによって債権を回収する場合、通常は、一度に債権の全額を回収できる場合は少なく、数度の給与の支払を受けることによって回収を実現することがほとんどですから、その給与の支払がいつまで続くかに十分注意しましょう。

また、このような継続的な給与差押えを続ける場合、その他に実は財産があったという場合には、債務者の態度を硬化させ、財産隠しなどのきっかけともなりますので、一括で債権を回収できる財産がないかどうか、給与差押えを行う前に慎重にチェックした方がよいでしょう。



動産執行

次に、動産執行を検討します。

例えば、債権回収の相手方が、金銭を、預金などではなく現金で貯めこんでいたり、高価な品物に変えて所有していたりする場合に、大きな効果を発揮します。

生活必需品として一部の物品の差押えを行うことはできないものの、家や会社の中に入って動産を売却して強制的に債権を回収することができるので、和解によって円満に支払を得られるチャンスともなります。

「自宅に執行官が入ってくる」ということ自体に、相当なプレッシャーがありますので、このことが交渉において有利な展開を生むことも多いといえます。



電話加入権等執行

電話加入権を差し押さえることが可能であり、これは、債権回収の相手方が法人などの事業を営む者である場合には、和解のきっかけとなるなど、一定の良い効果を生むケースがあります。

Pocket

お問い合わせContact

お問合わせフォームにご相談内容をご記入の上,お申込みください。
後日,弁護士よりご連絡差し上げます。
※ご入力いただいた個人情報は,お問合せに対応する目的の範囲内でのみ利用いたします。
※電話,メール,お問合せフォームによる相談は受け付けておりませんので,ご了承ください。

相談者氏名(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
住所
ご希望の連絡手段
ご希望の連絡時間
お問合せ内容