浅野総合法律事務所:お問い合わせ

タイムチャージ(時間制報酬)とは?│弁護士費用の説明

タイムチャージ(時間制報酬)とは?

タイムチャージとは、弁護士が事案の解決に向けた弁護活動に要した時間を記録し、その時間を基準として算出した弁護士費用の金額をいいます。日本語で「時間制報酬」ともいいます。

タイムチャージでの弁護士費用となる場合、あらかじめ弁護士費用を予想することは難しいものの、弁護方針と共に、どのような進行になった場合にどの程度の活動時間が必要となるかについて、おおよその目安を弁護士に確認しておいた方がよいでしょう。

また、タイムチャージでの弁護士費用の場合には、一定期間ごとに活動時間と弁護士費用の報告をしてもらい、費用がかさみ過ぎないようにする必要があります。

通常、タイムチャージで支払をいただく場合には、あらかじめ予想される一定の時間数分の報酬について、予納をいただくことが多いです。



どのような場合にタイムチャージとなるのか

タイムチャージによる弁護士費用の算出方法が活用されるのは、どの程度の事件処理が必要であるかがあらかじめ予想できない場合や、経済的利益が算出できない場合などが考えられます。

このような場合、着手金として相当程度の額をあらかじめ支払ってしまうと、結果的に事件処理に向けた作業量があまり生じなかった場合であっても、着手金の返還を求めることができなくなるため、タイムチャージでの計算は依頼者の利益になります。



タイムチャージのデメリット

とはいえ、タイムチャージで弁護士費用を算出した場合、結果的に事件処理に長期間かかったという場合には、相当高額な請求となりかねません。

そのため、タイムチャージに上限を設けておき、その上限を超える場合には経済的利益に応じて決定する着手金・報酬金の制度に切り替えるという場合もあります。

たとえば、交通事故に関する事件処理の場合、物損のみの争いなど、損害が軽微な場合にはタイムチャージによって弁護士費用を算出することが多いですが、タイムチャージの上限を30時間として、それ以上の弁護士費用が発生することが見込まれる場合には着手金・報酬金による弁護士費用の定めとすることが一般的です。



タイムチャージの相場は?

タイムチャージの場合、1時間あたりの弁護士費用の相場は、2万円~10万円程度が一般的です。

依頼する弁護士が新人であるかベテランであるか、どのような依頼内容であるか等によって、1時間あたりのタイムチャージは異なってきますので、この相場はあくまで参考程度にお考えください。

タイムチャージの請求は、月ごとに行うのが一般的です。

法律相談料の1時間あたりのものより、タイムチャージによる請求の1時間あたりの弁護士費用の方が割高であるのが一般的ですが、実際に解決する可能性が高いのはタイムチャージによって依頼をした場合でしょう。

法律相談のみでは解決しないものの、ある程度の時間での解決が見込める場合には、タイムチャージで依頼した方が結果的に割安となります。

なお、企業法務を専門とする法律事務所の中には、顧問契約をしている場合にはタイムチャージ費用を割引している事務所も多く、浅野総合法律事務所でも、顧問契約をいただいている場合には、顧問契約の範囲外となる業務に関する弁護士費用を20%引きとしております。



タイムチャージと着手金・報酬金と、いずれが得か?

タイムチャージとするか、着手金・報酬金方式とするか、いずれの方法によって弁護士費用を計算するのが得となるかは、事案の内容や、その後の解決の道筋によって異なるため、一概に決めつけることはできません。

弁護士としても、法律相談の時点である程度の予想はできるものの、完全な予想はできないことから、いずれの場合が得となるかについて委任契約の時点で断言することはできません。

たとえば、非常に少額の請求であるけれども、弁護士からの通知を行えば回収できる可能性が非常に高いという場合、最低額10万円の着手金を支払うよりも、タイムチャージによって計算した弁護士費用を支払う方が結果として安く済むという場合もあります。

タイムチャージの弁護士費用は、法律相談料とは異なり、1時間単位での支払いではなく、1分単位で計算することとなりますから、数分の作業で済むのであれば、それほど高い金額とはなりません。

Pocket

お問い合わせContact

お問合わせフォームにご相談内容をご記入の上,お申込みください。
後日,弁護士よりご連絡差し上げます。
※ご入力いただいた個人情報は,お問合せに対応する目的の範囲内でのみ利用いたします。
※電話,メール,お問合せフォームによる相談は受け付けておりませんので,ご了承ください。

相談者氏名(必須)
フリガナ(必須)
電話番号(必須)
住所
ご希望の連絡手段
ご希望の連絡時間
お問合せ内容